温泉ICカードを広めたい ~Oyuca(お湯か)導入奮闘記①~

こんばんは、温泉人間です。

温泉で日本を盛りあげたい!

という壮大な想いから、
『全国共通』の温泉ICカードを自分で造れば良いのでは?という発想に辿り着きました。

思っているだけでは駄目で、実際に行動に移さないといけないですね((+_+))

なぜ『全国共通』の温泉ICカードが必要だと温泉人間は考えたのかと言うと・・・、

現金のみの温泉施設が多すぎる』

と思うからです( ;∀;)

今の時代にそれだけで良いの・・・?

と日本の温泉業界の遅れを切実に感じています。

時代は、クレジットカード、ICカード、QRコード、電子マネー決済、等々と便利で早くなっている世の中で、小銭を券売機やフロントで時間を掛けて出さないといけないのは残念に思います。ましてやフロントで会計をしようとして、小銭が無かった日には目も当てられない!!(-_-)

土日に温泉施設に行くと・・・

フロント混んでますよね?

混んでいるのが多くなると・・・

お客さん離れませんか?

HI1891013_TP_V.jpg

ラーメン屋で混んでると入りたくなるという効果もあると思いますが、

温泉に入った後は、すぐに帰りたいと思います。

ということからそう考えたのです。

・・・

温泉ICカードを広めるぞ~!( ・`д・´)キラン

なぜ温泉人間はICカードに拘るのか・・・、

クレジットカードでも良いのでは・・・!?

と思うかもしれません。

温泉人間は、交通系ICカード『Suica』の便利さに驚いています。

その温泉版があれば最高ですね。

温泉ICカードのメリットをあげたいと思います。

①審査がなくカードを持つのが簡単(外国から来た旅行者に発行しやすい)

②暗唱番号を打つ手間がなく、カードリーダーにかざすだけ

③スマホでの『おさいふケータイレス』にも対応出来る

④失くしてもクレジットカードより安心。不正利用をされても被害が少ない。

温泉施設で定期券として使える

 (温泉好きにはたまらない笑 ここ重要ですね!)

メリットばかりではないと思います。デメリットは次回書きたいと思います。

早速ですが、温泉ICカードのサンプルを造ってみました(笑)

gtrst

どうでしょうか?(;´∀`)

温泉ICカードの名前は『Oyuca』にしたいと思います。『お湯か』と読みます。

ご当地ごとにゆるキャラもいれて造れば面白いですね( *´艸`)

商標登録されていればボツになりますが・・・((+_+))

さらに温泉ICカード『Oyuca(お湯か)』 広め隊のメンバー募集をした所、

なんと現時点で140名もの方に参加して頂きました。

本当にありがとうございます(^^♪

風呂か.PNG

本当は、『Furoca(風呂か)』を広めたかったのですが、

すでに極楽湯さんが造っていました( ;∀;) 時代の先をいっていますね!さすがです。

全国に温泉ICカードを広めるには、更に数々の試練が待ち構えているかもしれませんが・・・。

結果はどうなるにせよ、全力で取り組んでみたいと思います。

以上、Oyuca(お湯か)導入奮闘記①でした(^.^)

最後の結果までブログに記したいと思います。

温泉人間の旅は、温泉ICカードと一緒に続く~