潰れる温泉旅館、生き残る温泉旅館。

世界屈指の温泉大国である日本。古くから日本人は心身の癒しを温泉に求め、独自の温泉文化を育んできました。しかし今、その文化が消えようとしています。

1996年に7万軒あった温泉旅館は、

2015年で4万軒に減少。

要因は、廃業・倒産・事業停止・後継者不足。年間1500軒のペースで減少の一途を辿っています。

温泉人間は思うんです。

これからは・・・

時代の変化に対応する温泉旅館

しか生き残れない時代に突入している。

と。

そして更に・・・

従業員にパワーがある旅館。

今までの時代は、『温泉』を提供していたら経営出来ていた時代でした。

『観光スポット』に頼っていた旅館も経営出来ていました。

クレジットカードが使えない施設・・・たまにありますね。

10年後も経営しているとは思えません。

券売機も電子マネーを使えるように考えていった方が良いのでは?と思います。

gerrgeg.PNG

みなさんアマゾンGoをご存知ですか?

無人コンビニですよ((+_+))

9182c5be-fb0f-11e7-ac18-1748e9e8125a-640x427.jpg

f64e22fe-fb0f-11e7-ac18-1748e9e8125a-640x369.jpg

アマゾン温泉なんてできたらヤバそうですね!( ゚Д゚)

こういうのに対抗するには・・・?

色々考えさせられますね(-_-)

温泉人間も時代に取り残されないように温泉の旅をしたいと思います。

以上、温泉人間の旅は今日も続きます~