深夜0時からの温泉

時刻は深夜0時、

温泉人間は意を決して温泉に入ることを決めた。

「OK、Google、今から入れる活かした温泉」

場所は、古都の都 奈良県 奈良市。

深夜でも営業している奈良市内の温泉を調べた所、

「ゆららの湯 押熊店」が該当した。

http://www.yuraranoyu.jp/nara.htmlキャプチャ.PNG

深夜1時までの営業時間で最終受付時間は深夜0時30分までと知り、

安堵の表情を浮かべ、意気揚々と「ゆららの湯 押熊店」に車で深夜0時5分に到着。

だがしかし、

現実はあまりにも

残酷。

温泉人間の前に立ちはだかったのは、

「休館日」

という絶望の文字。

温泉人間は無残にも崩れ落ちた。

温泉人間の頭には、

祗園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。
娑羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらは(わ)す。
おごれる人も久しからず、唯春の夜の夢のごとし。
たけき者も遂にはほろびぬ、偏に風の前の塵に同じ。

の言葉が響き渡った。

だがしかし、

温泉にかける情熱と、

ここで入らなけらば、汗まみれでの就寝という拷問への恐怖が入り交じり、

再度、温泉人間は立ち上がった。

震えた手で温泉を検索。

そこで一筋の光が温泉人間に差し掛かった。

なんとそこには、

ゆららの湯 奈良店

という文字が‼

だが同じチェーン店だとしたら、同じく休館日なのでは・・・?

と葛藤の中、勇気を振り絞り「ゆららの湯 奈良店」に電話。

なんと!!

営業をしていたことが判明!!

この時、時刻は深夜0時10分。

到着予想時刻は、丁度、最終受付の深夜0時30分

ko.png

勝った。

温泉人間は心の中でつぶやく。

OK、Google。ゆららの湯 奈良店

そうつぶやいた私は、

法定速度内でアクセル全開

平城京を横切りながら「なんとすごいな・・・」とつぶやく。

そして、時刻は深夜0時30分。

遂に。

dsc_01398866646133831988790.jpg

「ゆららの湯 奈良店」に!!

dsc_01374055709814946065005.jpg

花火のネオンも温泉人間を歓迎しておりました。

dsc_01407682669762969425362.jpg

あまりの急ぎっぷりで、写真がブレておりますが、

館内はスッキリしており、動線も良い感じでした。

dsc_01414116421017260069128.jpg

関西初登場!!岩盤浴「大仏さんのひざまくら」が気になりました。

女性専用なのが残念ですが・・・。

sqw.PNG

温泉の種類も豊富で、ツボを刺激する場所がいくつかあり、気持ち良かったです。

他の温泉施設では、あまりつぼを刺激する系がないので印象的でしたね。

深夜1時。

温泉人間は、キレイさっぱり気持ち良く帰宅出来ました(^^)/

「温泉への情熱」と「諦めない根性」

こそが人間大切ですね。

以上、温泉人間の深夜0時の旅でした。

※不審者ではないですからね!

温泉の旅は、続く。

 

温泉人間の勝手に温泉ランキングを随時更新中です♪

↓        ↓        ↓

温泉人間による温泉勝手にランキング