本当は怖~い温泉施設。

こんにちは、温泉〇間です。

更新頻度が1週間ぐらいなんですけど、ブログを書いてるみなさんは、

毎日更新している方が多くてビックリしています。

書きたいことは沢山あるんですけどね(笑)

温泉に入って家に帰ると、凄く眠くなるんですよね・・・

題名にかきました「本当は怖~い温泉施設。」なんですけど、

何が怖いのかというと

先日ニュースで、

西武秩父駅前温泉祭の湯で、基準値を越えるレジオネラ属菌が検出されたとして、同施設は現在営業を休止している。 オープンは今年4月24日。 検出された浴槽は男女の露天風呂の大半の浴槽で、わずか1週間あまりでの「事件」だそうです●

というのをみかけまして、

広島のみはらし温泉も最近ニュースでやってましたし・・・

そのレジオネラ菌って・・・

空気中のどこにでもいるらしいです!

(間違ってたらすみません・・・・)

特に、温泉施設の排水管の中、

排水管のヌメリとかに潜んでるらしいですよー

p2-1.gif

写真を載せおいていうのもなんですが、写真でみると特に・・・

気持ち悪い!!

この気持ち悪いのを次亜塩素酸ナトリウムで、抑え込むのが主流なのだそうです。

1,000人に1人が肺炎になるらしくて、子供とか年配の方とかが病気になりやすいらしいですよ。

ということは、

温泉人間は問題ないのでしょうか!?

1000回入っている温泉人間は、死んでしまうのでしょうか?

でも温泉大好きですので、

仮に温泉人間がレジオネラで死んだとしても、

温泉で死ねるなんて本望!

と言いながら死にたいと思います。

(実際は、肺炎だと相当苦しむと思うので嫌ですけど・・・)

最後に

ウィキペディアの「レジオネラ」で、

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%82%AA%E3%83%8D%E3%83%A9

日本国外における感染事例

  • 2012年夏。カナダのケベック州でレジオネラ症感染者が続出した。CNNのリポートでは、9月3日に165人感染、10人死亡[6] CBC・モントリオール発信では、11人の死亡を報告した[7]。9月7日の保健所の発表では、176人の感染と11人の死亡、感染元となった冷却塔からの感染は終息の兆しとなった[8]
  • 2005年のカナダのトロント市では、21人が死亡し、127人が感染した[9]

という海外の事例をみかけまして、

温泉人間、実は2007年トロントモントリオールにいました。

その前後にこんな事件があったなんて思わなかったです・・・。

どこの国でも同じことが起こってるんですね~。

どうやって気を付けたらいいのでしょうか?

今後の課題ですね。

以上、本当は怖~い温泉施設でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です